プライバシーポリシー

労務相談Q&A 休日・休暇・休業


退職間際の年次有休休暇の取得申請がありました。拒否はできないのでしょうか?

会社は、退職間際の年休取得を拒否することはできません。

【解説】
 労働者は、時季を指定していつでも年次有給休暇を取ることができ、使用者は原則として労働者が指定した時季に付与しなければなりません。
 ただし、労働者が指定した時季に年次有給休暇を与えることが「事業の正常な運営を妨げる」場合には、使用者がその時季を変更することができることとされており、これを時季変更権といいます。ですから、このケースにおいて、時季変更権を行使できるのかどうかが問題となります。
 ご質問のケースでは、退職予定日までに残りの日数を取得しなければ年次有給休暇の権利は消滅してしまいますし、退職後への変更は不可能ですから、請求した日に取得させなければなりません。ただ、引継等から、退職日まで間がないと会社として困る場合も多いと思います。しかし、法的には取得できるものですから、労働者とのお話し合いを十分にされることをお勧めいたします。
 


 

休日・休暇・休業

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.