プライバシーポリシー

労務相談Q&A 懲戒


転勤命令を拒否する従業員を懲戒解雇できますか?

就業規則で定められていれば、懲戒解雇もできます

【解説】
転勤拒否が認められるとなると、人事異動が困難となり、会社経営がスムーズに動きません。そのために、

(1)労働契約上の根拠及び転勤の慣行があり、勤務地限定の特約がない場合
(2)就業規則等で「転勤を命じることがある」旨の定めがあり、包括的同意がある場合、
などについては、会社の都合で転勤ができるものと考えられています。ですので、こうしたケースで正当な理由なく転勤命令に従わない場合は、懲戒解雇が可能となります。

ただし、
(1)業務上の必要性がない場合
(2)不当な動機・目的をもってなされた場合
(3)通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせる場合
著しい不利益とは、例えば家族の介護をしなければならない立場の方などがそれにあたります。このようなケースについては人事権の濫用となり、このケースでは転勤命令が無効とされることがありますので、注意が必要です。
 


 

懲戒

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.