プライバシーポリシー

労務相談Q&A 社会保険


雇用保険で資格取得届を出す時に、被保険者証が無い者の場合には、新しく被保険者番号を取得しても大丈夫でしょうか?

被保険者番号が二つある場合には、被保険者が不利益を被る場合もありますので、注意が必要です。

【解説】
 雇用保険は、個々の従業員の加入手続きを企業が行い、最初の企業で手続きした雇用保険被保険者番号を転職してもずっと使用し続けます。それは、転職したとしても、一定の条件内であれば、被保険者期間を通算し、給付額の決定に反映する仕組みになっているからです。

 つまり失業給付の手続きをすると、その番号をもとに職安でデータを検索して、期間を確認して失業給付の額を決定するのです。ですから、紛失等により2つ以上の番号を持つことで、短い被保険者期間の番号だけで手続きをすると、従来の被保険者番号で被保険者だった期間がわからないまま、失業給付の額が、本来の額とは少なく決定されてしまう可能性があります。

 ですから、雇用保険被保険者証を紛失などした方を採用した場合には、新たに番号を取得するのではなく、前会社名と退職年月日を職安の窓口で告げることで、今までの番号を検索してくれます。そして、その番号で資格取得するようにしましょう。

 なお、以前の被保険者証がみつかるなど、二つ番号を持っていることが発覚したら、「雇用保険被保険者証の統一届」で統一手続きがとれます。
 


 

社会保険

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.