プライバシーポリシー

労務相談Q&A 契約社員・パート


契約社員の契約更新の際の賃金を、以前よりも少ない金額で契約できますか?

基本的には(例外もあります)、契約更改の際の賃金額は、自由に提示できます。

【解説】
 一般に、期間の定めのない労働契約を締結したいわゆる正規社員については、賃金等の基本的労働条件の切り下げをするためには、合理的な理由があるか、または、個々の社員の同意を得るかのどちらかが必要とされています。そして、特に、賃金の切り下げについては、裁判例でも、賃金に関して一方的な不利益変更は認められないこととされています。
 そして、パートタイマー、アルバイトや契約社員などを期間を定めて雇用し労働契約を更新する場合には、新たな労働条件によって労働契約を締結することが認められますから、その際、同意を得ながら賃金の切り下げを行うことができます。ただし、一方的な賃金の引き下げに応じないことを理由に雇止めを行うことは、正当な理由にあたらない可能性が高く、同意が得られないことから雇止めを行うことは困難です。また、そのようなトラブルを回避するには、「更新の有無を決定する際には、就業場所、職務内容・所属、労働条件(賃金、時間数、休日の増減含む)を、改めて話し合いの上で決定する。」というような内容を契約書に入れておき、更新の際に、労働条件は更新ごとに改めて決定することを、予め理解をしてもらっておく方法もあります。それでも、更新回数の多いパートタイム労働者については、合理的な理由に欠ける大幅な減額は困難であると認識しておくほうがよいかと思われます。
なお、契約更新に当たって、賃金切り下げの場合にも、最低賃金法に基づく最低賃金を下回る額とされることは違反になりますので、確認してみてください。
 


 

契約社員・パート

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.