プライバシーポリシー

労務相談Q&A 社会保険


退職する従業員に聞かれました。失業給付の受給資格について教えてください?

「就職の意思」「就職できる能力」があって仕事に就けない人であることが基本です

【解説】
雇用保険の基本手当(いわゆる失業給付)は、次の条件を満たしている人に支給されます。

(1)離職する日の以前2年間に、被保険者期間が通算12カ月以上あること(倒産・解雇等に該当する理由により離職した場合(「特定受給資格者」や「特定理由資格者」は、離職前1年間に被保険者期間が6カ月)
(2)失業状態であること
(3)被保険者の資格喪失の確認を受けていること
(4)求職の申し込みをしていること

就職したい積極的な気持ちがあり、実際にいつでも就職できる健康上、環境上の能力があるにもかかわらず、職業につくことができないでいる状態、これが雇用保険でいう「失業」です。したがって、妊娠、病気やケガなどのために働けない人(受給期間延長通知書の交付者は除く)は資格からはずれます。また、独立自営をめざしている人も、資格外となります。
 


 

社会保険

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.