プライバシーポリシー

労務相談Q&A 賃金・賞与


年俸制とはどのような仕組みの賃金制度ですか?

従業員に支給する賃金の基本部分を1年間まとめて提示する制度です

【解説】
 年俸制は、現状では、企業によって様々な解釈のもとに導入されています。
本来の定義は、「従業員に支給する賃金の基本となる部分を1年間まとめて提示する制度」です。だから、俗に言われている変動型賃金と直結した賃金制度というわけではないのです。おそらく、プロスポーツの年俸の影響からか、年俸制=「成果に応じた変動型賃金」というイメージが一般に定着しているのでしょう。
 
実はこうした理由から、日本の企業は、いままでの積み上げ型の賃金制度を成果型の賃金に改革する際に、年俸制を代名詞のように使って導入する傾向があります。
以上から日本における年俸制は、「成果(業績)評価や本人に求められる役割に応じて、1年単位で賃金の基本となる部分を決める制度」と言うことができるでしょうか。ですから、「前年の成果(業績)」や「今年求められる期待・役割」に基づいて決まる賃金なので、より会社に貢献し、成果をあげた人ほど多くの報酬をもらえるといってもいいでしょう。ただ、その程度も様々で、毎年の成果(業績)によって報酬がその都度大きく変化するものから、成績スライド方式(過去における成果の累積が翌年の年俸に影響するような、ゆるやかな制度)などまであります。
そして、支払に関していえば、年俸を1回で支払うわけではありません。労働基準法では、給与は月に1回以上、定期的に支払うものと定められていますから、実際にはこれを分割して月ごとに支払われます。あらかじめ1年間の総支給額を決め、それを分割支給します。単純に12等分して毎月支給する方法や、賞与支給を前提として12+αで割り、賞与査定で決定した額の一部として、給与とは別に年にα回支給する方法があります。


 

賃金・賞与

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.