プライバシーポリシー

労務相談Q&A 社会保険


60歳で退職した場合、失業手当と年金は併給されるのですか?

失業給付を受給中は老齢厚生年金の一時支給が停止されます

【解説】
失業給付を受給中は老齢厚生年金の一時支給が停止されます。雇用保険の失業給付 (基本手当)は、失業状態にある被保険者の生活を保障するために支給されるものであり、また、老齢厚生年金は、老後の生活の保障のため、一定の要件を満たした者に支給されるものです。

しかし、基本手当と老齢厚生年金の合計額は相当額に達し、60歳以降就労し続ける場合との収入と比べて格差が大きくなって、両方の給付を同時に受けることが高年齢者の就業意欲を阻害し、また、社会保障としても過剰であるとの趣旨から、このような措置をとられています。

具体的には、求職の申し込みをした月の翌月から、受給期間が経過するか、または所定給付日数分の基本手当の支給を受け終わるときまで、老齢厚生年金の支給は停止されるわけです。ただし、その期間内でも、基本手当を受けた日が1日もない場合には、老齢厚生年金の支給停止は行われません。

また、月のうちの何日から基本手当の受給を開始しても、年金の支給停止月数に不利が生じないように、最後に基本手当の支給を受けた日(待機期間や給付制限期間は含みません)を30で割った月数と年金の支給停止月数とを比較して、支給停止月数が多い場合には、その月数分の年金は支給停止を解除され、その間の差額が支給されます。この事後精算は、年金が戻ってくる場合にだけ行なわれ、支給停止月数が基本手当を受けた月数に満たない場合には、行なわれません。
 


 

社会保険

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.