プライバシーポリシー

労務相談Q&A 休日・休暇・休業


年休を入社時と半年後に10日分の有給を分割して付与したいのですが?

入社後、初回の年休に限り分割可能です。 

【解説】
 年次有給休暇の分割付与とは、初年度における年次有給休暇の付与について、入社6ヶ月経過後の基準日より前に、法定の付与日数(10日)の一部を前倒しして付与し、その後の最初の基準日に、残りの日数を付与することをいいます。これは、法定の休暇日数の範囲内で、新入社員にも、入社直近の日から年次有給休暇を付与するための方法として、行政解釈でも認められたものです。しかし、分割付与する場合には、以下の要件をすべて満たされていなければなりません。

1.分割して付与が可能なのは、初回の年休のみ
入社後最初に付与する年次有給休暇のみ分割することができます。つまり、6ヶ月後に付与する10日分を前倒しして付与する場合にだけ、分割付与することができるわけです。

2.分割付与をされる場合は、法定の付与日より前倒し 
法定の基準日より前に、10日の年次有給休暇のうちの一部を与え、その残りの日数を法定の基準日までに付与します。したがって、どのように分割しても、入社日から6ヶ月を経過した日までの間に、合計10日以上の日数が与えなければなりません。

3.2回目の年休は、最初の付与日から1年以内に付与  
例えば、4月1日に入社した者に、法定どおりに年休を付与すると、入社から6ヶ月経過後の10月1日に10日、翌年10月1日に11日を付与したことになります。しかし、分割付与された場合には、最初の付与日から1年を経過した日、この場合は翌年の4月1日までに次年度の年休(11日)を付与しなければならないことになります。
 


 

休日・休暇・休業

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.