プライバシーポリシー

労務相談Q&A 契約社員・パート


嘱託社員と正社員の違いはなんですか?

定年後も引き続き勤める有期契約の労働者という意味の場合が多い

【解説】
現在、嘱託社員について法律上の明確な定義はありません。

 正社員以外には契約社員、準社員、嘱託社員、非常勤、 臨時社員等、様々な働き方があり、働き方の内容や呼び方については、会社が自由に定めているのが現状です。 以上の社員を総じて「契約社員」と呼んでいる会社もあります。こうした働き方の共通点は、「正社員とは別の労働契約に基づいて働く労働者(=契約社員)」ということです。つまり、正社員は無期の雇用契約であることに対して、契約社員は有期の雇用契約が一般的です。

 以上の契約社員の一つである嘱託社員は、「定年後も引き続き勤める有期契約の労働者」という意味で使用されていることが多いようです。その契約内容については、会社によって違います。パートタイム労働および派遣労働については、法律に基づいた定義や制度が確立していますので、パートタイマー労働者や派遣労働者は、上記のような契約社員、その他にはあたりません。
 


 

契約社員・パート

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.