プライバシーポリシー

労務相談Q&A


「育児休業」について教えてください?

1歳未満または条件付きで1歳2カ月未満の子ども(事情により、1歳半及び2歳まで延長可能)を養育するために、請求できる休業のことです

【解説】
 育児休業とは、1歳未満の子どもを養育するために、男女に関係なく請求できる休業のことです。また、平成22年6月30日からは、夫婦が育児休業をする場合には、条件付きで子供が1歳2カ月に達するまでの間に1年間(母親の場合、出生日以後の産前・産後休業期間を含む)取得することができます。また、ある一定の条件に該当する方については、1歳から1歳6カ月に達するまで、及び1歳6カ月から2歳に達するまでの休業の延長申請も可能です。条件は以下となります。
(1)保育所に入所を希望しているが、入所できない場合
(2)従業員の配偶者であって育児休業の対象となる子の親であり、1歳以降育児に当たる予定であった者が、死亡、負傷、疾病等の事情により子を養育することが困難になった場合
最近では男性の取得も見られるようになりました。法律で定められた休業期間だけでなく、会社が任意でそれ以上の期間の休業も制度として認めることもできます。
 
 育児休業は法律で定められた権利ですので、会社に育児休業制度が完備されていなくても、従業員から休業の申し出があれば、会社側は原則として拒否できません。法律上もともと適用除外されているのは、「日々雇われるもの」です。「期間を定めて雇用されるもの」については、一定の条件の方であれば、対象者として認められております。条件は、以下の方です。
(1)入社1年以上であること
(2)子が1歳6ヶ月になるまでに労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかでないこと。

さらに、あらかじめ会社と従業員の代表が労使協定を締結すれば、「勤続1年未満のもの」、「1週間の所定労働日数が2日以下のもの」「1年以内に雇用関係が終了することが明らかなもの」を除外できることになっています。会社の就業規則や労使協定を整備するようにしましょう。
 


 

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.