プライバシーポリシー

労務相談Q&A


残業手当を定額払いで払っていますが、法的に問題ないでしょうか?

定額制で残業手当を払うことは問題ありません

【解説】
 就業規則(賃金規程)に定額払いの規定があり、その残業手当分が何時間分又はいくら分なのかが明確になっていれば、定額制で残業手当を払うことは問題ありませんが、実際の時間外労働に対する割増賃金の額を下回った場合には、差額を支払う必要があります。 

 労働基準法では、使用者が労働者に法定労働時間を超えて労働させた場合には、通常の労働時間または労働日ごとに支払われる賃金額の2割5分以上の割増賃金を支払わなければならないとしています。しかし、就業規則などで時間外勤務手当の相当額以上であることを明らかにしている場合には、ご質問のように、定額払いとすることもできるのです。そして、その定額の残業手当が、法定の計算方法で算出した割増賃金を下回らなければ法違反にならないものとしています。したがって、下回っている場合には、法律上支払うべき割増賃金額に達するまでの差額を支払わなければなりません。

労働者の募集や求人の申込みの際には、賃金額を必ず明示すべきとされていますが、残業手当を固定払いする予定であれば、含まれる時間外・深夜・休日等の時間とその割増賃金の額、この時間を超えた場合には、追加で支払う旨についても記載する必要がありますので、ご留意ください。
 


 

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.