プライバシーポリシー

労務相談Q&A


子供が病気になった時に休暇を請求できるのでしょうか?

看護休暇が会社に義務付けされています。

【解説】
子を養育する労働者が子育てしながら働き続ける場合、一番のネックとなるのが突発的な子供の病気やけがです。小学校の入学の始期に達するまでの子の傷病看護、予防接種および健康診断のための看護休暇制度があります。要件を満たした者からの請求があれば、会社はこれを拒むことができません。ただし、休暇については無給でも構いませんので、就業規則等へ定める際には、有給又は無給などをきちんと定めておくことをお勧めします。具体的な内容は次の通りです。
●対象者:日々雇用される者を除く労働者(期間を定めて雇用される者も対象となる)
●労使協定による適用除外:事業主は、労使協定により、以下の者からの請求を拒むことができる
(1)継続雇用6ヶ月未満の者
(2)1週間の所定労働日数が2日以下の者
●対象となる子:小学校入学の始期までの子
●限度日数:対象となる子供が1人の場合には1年度5日(「年度」とは、会社が別段の定めをしない場合、4月1日から3月31日までの間となる)、2人以上の場合には1年度10日
なお、半日単位での取得も認められています。
 


 

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.