プライバシーポリシー

労務相談Q&A 就業規則


フレックスタイム制で、コアタイムに遅刻や早退をした場合、賃金カットはできますか?

清算期間の総労働時間を満たす限り、賃金カットはできません

【解説】
 清算期間の総労働時間を満たす限り、賃金カットすることはできませんが、減給の制裁等は可能です。 

 フレックスタイム制は、始業、終業の時刻を労働者の選択に委ねられることとした制度です。したがって、フレックスタイム制では、清算期間の総労働時間を満たしていれば賃金カットする理由はありません。 
 しかし、コアタイムは、必ず出勤しなければならない時間帯として設けられているわけですので、この時間に遅刻・早退・欠勤などあった場合にペナルティを設けている企業もあります。コアタイムの遅刻等の取り扱いについては、就業規則等に規定を設ける必要があります。
 


 

就業規則

Copyright (C) 2003 office-tomizuka.com. All Rights Reserved.